ねこさんと京都・東京へ旅に行ったのです!

f:id:to-zai:20170731220500j:plain

f:id:to-zai:20170731220504j:plain

f:id:to-zai:20170731220507j:plain

f:id:to-zai:20170731220512j:plain

f:id:to-zai:20170731220515j:plain

f:id:to-zai:20170731220518j:plain

1枚目 1/30  F4 ISO400 2017/07/22(土) 奈良線車内にて

2枚目 1/8  F4 ISO3200 2017/07/22(土) 伏見稲荷大社にて

3枚目 1/30  F4 ISO200 2017/07/23(日) 東海道新幹線車内にて

4枚目 1/125  F4 ISO800 2017/07/23(日) 巣鴨駅にて

5枚目 1/30  F8 ISO800 2017/07/23(日) 山手線車内にて

6枚目 1/30  F8 ISO800 2017/07/23(日) 西武池袋本店すみっコぐらし展にて

全て OLYMPUS E-5+ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5

 

京都伏見稲荷大社の宵宮祭に2年連続で出掛けてきました

たまたま日程的にちょうどよかったので、すみっコぐらし展を見て帰ってきたので、1泊2日の突貫旅行だった割には、充実感がすごかったです

山手線のすみっコぐらしラッピング電車にも乗れて、ほんとうに満足でした!

 

今週のカウンセリング

f:id:to-zai:20170713154254j:plain

最近、カウンセリングであんまり話すことが無くて、どーしましょうかーという感じからスタート

普段の生活は結構安定しているのだけれど、じゃカウンセリングの頻度を減らしたり、一時的に止めたりすればいいのではと言われて、それはちょっと嫌だといった時に言われたのは、君には無意識で何か不安であるのではということ

自分の人間関係とか、精神の安定度を表す時に、浮島のようなものに例えるやり方があって、例えば半年ぐらい前、恋人に振られた時の安定度は、大海に浮かぶ浮き輪のような感じに例えられてたんだけれど、今は氷山のような大きな浮島に居るのでは? だから、それを動かしたくないのでは?と言われた

この浮島というのの大きさを左右するのは、何かに対する帰属意識であって、帰属意識があれば、浮島は大きい状態になるらしい

その帰属先というのが、載せた画像のような状態

恋人や家族、研究室の仲間、友人の3つが存在して、この全てに上手に帰属出来ている時、自分は安定していると言えるみたい

また、この3つは生活、仕事や学業、趣味なんて言うのにも対応していて、これらがそれなりに上手く回っていることも必要と言えそうだと言った

現状は、少し依存性が戻ってるのかもしれないけれど、他人と自分の境界線を注意して見ていて、、関係を意識的に作っているように見えると言われた

最後に少し、今の関係の話で、余り役割や関係を義務化したくないと言ったところ、義務化したくないということは、責任を取りたくないことではと投げかけられて、今回は終了した

とりあえず、夏休みまでは今のペースで通う事になった

夢を見ると色々分かるらしいのだが、夢って今殆ど見ないんだよね…

暑くて寝苦しいのが大きい気がしなくもない

 

大正ロマンと花飾り

f:id:to-zai:20170710110537j:plain

OLYMPUS E-5+ZUIKO 28mm F2 1/60  F2.8? ISO800 2017/07/01(土) 被写体宅にて

ZUIKOの28mm F2を買ってしまいました

正直開放で撮ると「?」という感じの画像が生成されるので(もしかしてカビてる?)、F2.8と何が違うんや!という気もしなくはないですが、少なくともE-5とのマッチはF2の方が上です

人の写真を撮るのはやっぱり難しいですね…

長岡の工場夜景

f:id:to-zai:20170629003803j:plain

OLYMPUS E-5+ZUIKO 28mm F2.8 15秒  F2.8 ISO100 2017/06/17(土) 国際石油開発帝石新潟鉱業所長岡鉱場親沢プラントにて

長岡でもこんなきれいな工場夜景が撮れるんですね

丘の上に行くともっと綺麗なものが撮れるらしいので、そのうち行ってみたいと思います

今週のカウンセリング

今週は眠くもなく平和に進行

自分の発想が理系で思考が文系にありそうだということに気がつく

意外とこれで困っていないらしい

決断を行う時に、ほとんど感覚で決定し、それを感情と思考が補助し、直感は使われないらしい

研究で思考を行う時に、数式で捉えるのではなく、図で捉えられれば(自分で図がけるようになれば)、分かるようになるように、何かを捉える時に、見えるものとして捉えられることが重要であることがわかる